アセアン人材育成事業協同組合

新着情報

Asean Human Resource Development Cooperative

new info

基礎から知りたい海外人材導入セミナー 大阪

(2015/10/30)

「介護業界における海外人材活用セミナー」と題して10月30日に東大阪市庁舎で行われたセミナーでは、理事長 須藤茂と理事 向田朋之が技能実習制度と海外人材の導入ノウハウについて、東大阪市介護事業者連絡協議会の会員に向けて講演しました。

大阪 セミナー風景 須藤理事長
new info

海外人材受入セミナー 京都

(2015/10/23)

10月23日に京都タワーホテルにて行われたセミナーでは仙谷由人 元内閣官房長官を来賓に迎え、当組合理事長 須藤茂がアセアン人材市場の実情を踏まえ、受け入れの流れや導入事例について、現地の最新動向も織り交ぜつつセミナーを行いました。

アセアン人材育成事業協同組合とは?

アセアン地域における技術移転のための人材育成、および日本における人材不足の解消のために、外国人技能実習制度に基づくアジアからの技能実習生の受け入れと受け入れ企業の支援を目的として、設立されました。

若い実習生が
社内を活性化

Icon:若い実習生が社内を活性化

技術を学ぶために日本に来ている技術実習生はとても意欲的で熱心です。彼らの仕事に対する姿勢や勤勉な態度に触れることにより、すべての日本人従業員にとって良い刺激となり、それぞれの仕事の見直しにも役立ち、全体に良い影響を与えます。

生産力アップ
 

Icon:生産力アップ

また、指導員の下、生産活動や工事施工等される「実務実習」が含まれるため、生産力の一部に寄与することも期待されますただしあくまでも「技能実習」が目的なので単に「労働力として受入れるのではなく教育や訓練に主眼を置いた処遇が必須となります。

国際貢献によ
信頼性の向上

Icon:国際貢献による信頼性の向上

技能実習生を受け入れることで国際的な企業としてのイメージ向上が図れます。また社員の皆様にとっても「国際貢献の社会的使命を果たしている」という誇りをもって仕事に向き合っていくことができるでしょう。

業務工程の見直し

Icon:業務工程の見直し

担当する指導員が「教えるための準備で、あらためて作業工程やマニュアルを見直し、作業効率の改善につながる。さらにそのことで誇りを持って仕事に向き合うようになり、企業全体に良い影響を及ぼしている」という事例も報告されています。

経営の国際化

Icon:経営の国際化

グローバル化の波の中、外国人技能実習生との異文化交流を経験すれば社内の国際化が進み、今後外国人との文化の違いに戸惑うことなく接するためのノウハウが無理なく身につきます。

海外への足がかり

Icon:海外への足がかり

海外拠点を作る際にも頼りになる人材を育成できたり、技能実習生帰国後も交流を続ければその国への足がかりができます。