外国人技能実習制度について

実習生photo

外国人技能実習制度とは?

外国(主に新興国)の方が日本の企業で働くことにより日本の高い技術を身につけ、その国の発展を担う人を育てる「人づくり」を目的として創設された国際協力のための制度です。

来日して企業で働き、技術を磨く事で、日本の製品の品質管理や、製品がどのように生まれているのかを実体験として学ぶことができる制度で技能実習生(研修生)達とその母国にとって非常に有益な制度となっています。

また2010年迄は研修生と呼ばれていましたが、同年に法改正があり、技能実習生として新たなスタートを切りました。

※日本の企業などで技術、技能を身につけるために日本に来ている外国人を技能実習生(旧:研修生)と言い、この技能実習生を受け入れるための制度を外国人技能実習制度(旧:外国人研修制度)と言います。

どのような資格で日本に滞在?

外国人の方が技能実習制度を利用し実習生として日本で働くためには、日本に中長期に滞在するための「在留資格」である「技能実習」の許可をとる必要があります。この在留資格の許可を取るには、日本側の企業様、そして送り出し国側の企業技能実習生候補者の情報、さらにはどのような技術を勉強するのか等、様々な情報を整理して入国管理局に申請しなければなりません。

その、複雑な申請、現地とのやりとり、そして日本語教育等を私ども協同組合が受け持つとで、企業様には実習そのものに専念していただくことが可能となる制度です。

2010年までは「研修生「特定活動」という在留資格で日本に滞在していましたが、現在は「技能実習(1号・2号)」となり「労働者」としての滞在が可能になっております。

受入可能な国は?

組合では現在、ミャンマー、ベトナムを中心にアセアン諸国の受け入れを行っております。

ASEAN国旗 figure 03