制度のしくみ

受け入れ相関図

受け入れの相関図と導入の効果

外国人技能実習制度は、日本の企業様が中国やベトナム、インドネシアなどの若者を技能実習生として受け入れ、彼・彼女達が実務を通じて日本の高い技術を修得するための制度です。
一般的に受入れ可能職種に該当する企業様は、協同組合等を通じて受け入れる団体管理型を利用しての技能実習生を受け入れる事が可能となります。入国した技能実習生は実習実施機関(企業様)と雇用契約を結び、実践的な技術を磨くために3年間技能実習を行います。新興国ではまだまだ技術の進歩は遅く、彼らは後に母国で活かすため技能実習期間を精一杯技術の習得に励みます。

人材の安定

一方、受入れる日本では、こうした日本人の若者が減少しているため、外国人技能実習生を受け入れることで人材の安定や企業の国際化など様々なメリットを受ける事が出来るのです。
図にあるように、技能実習生は母国にある送り出し企業及び送り出し機関を通じて日本へやってきます。
日本側では、当組合のような管理団体(組合)を通して実習実施機関(企業様)に受け入れていただき技能実習を行います。組合が受け入れ申請等の作業を行うことで、企業様の負担が軽減され、秩序だった適正な受け入れが実施されます。

figure 1