企業単独型と団体管理型について

2種類のタイプ

国の制度である外国人技能実習制度には、日本の公的な援助・指導を受けた協同組合や商工会等の団体と企業様とが共に技能実習を行う「団体管理型」と企業様が単独で受け入れを行「企業単独型の2種類のタイプがあります。


企業
単独型

「企業単独型での受け入れは、企業様自身が資本関係がある海外の子会社や合弁会社等の従業員様に対し日本で実習を実施する為の制度ですので、受け入れに係る全ての事務作業を企業様自身が行っていただかなくてはなりません


団体
管理型

「団体管理型」での受け入れは受け入れを行う国との複雑で手間のかかる手続き(人の募集や入国に係る資料の収集他)を当組合のような「管理団体」が海外の信頼のある「送り出し機関」と提携することで、人材を集めるところから、入国に係る様々な手続き、基礎的な日本語教育等事務的な手続き全般を組合が行うことで、企業様は実習そのものに集中することができます。また、管理団体(協同組合)が海外の送り出し機関と提携を結ぶことで、海外に拠点を持たない企業様でも受け入れを行っていただくことが出来る制度です。

団体管理型により受け入れの負担を減らします

協同組合等の団体を通して受け入れることで、海外拠点を持たない中小企業様でも受け入れることができ、企業の規模の大小にかかわらず様々な業種・職種で受け入れが行われています。
このように、団体を通して受け入れる制度【団体管理型といい、複雑な入国の為の書類作成や管理を組合等の【認可を受けた団体】が行います。企業様においては技能実習内容そのものに専念することができる負担の少ない受け入れ方法です。

団体管理型のメリットは?

・入出国に係る事務手続きを代行
・送り出し企業との資本関係要件の緩和
・受け入れ人数の制限が緩和
・配属までの日本語講習実施
・専任担当者の配置
・組合専属通訳スタッフの配置
・担当スタッフによる巡回サポート